【コラム】防災片づけ|消費と食品備蓄「ローリングストック法」|大人・実家・キッチンの整理

防災片づけ

暮らし生活研究家の高橋和子です。

3・11「東日本大震災」から、もうすぐ10年目を迎えます。

先日は震度6強の余震が、、、!!

長く大きな揺れに10年前を思い出しました。

防災の見直しの機会として、

再び防災グッズなどのチェックをしましょう。

今回はストック食品の見直しをお話します。

自宅や実家の片づけで気になるのは、防災用保存食料品の賞味期限切れです。

必要な時に、食べられない・使えないでは防災備蓄になりません。

話題の「ローリングストック法」

防災用の食品と一言で言っても、避難先に持ち出す物と、

備蓄用と、まず分ける必要があります。

食料品の備蓄法として、最近は、ただ持つだけではない、

「食べながら備蓄する」という、「ローリングストック法」

話題になっています。

「ローリング」ですから、循環していくという意味です。

まずは家にある防災品、備蓄品をチェック&把握していきます。

買いっぱなし、置きっぱなしではない、「備蓄=片づけの工夫」です。

賞味期限切れになる前に食べれば、捨てるという無駄も減りますし、

買い足したり、食べ方を確認します。

わざわざ防災用の食品を買うこととは根本的に違います。

買うところから片づける、備蓄するということですから、

毎日の消費生活ともつながっています。

家庭でよく食べるレトルト食品やフリーズドライ食品の

総数と中身を把握するという考え方です。

ふだん食べ慣れているものなら、

災害時に、調理に手間取りません。

さらに災害時ほど、食べ慣れたものを口にすると、

気持ちも落ち着くと思います。

水、カセットコンロ、レトルト食品、お米など、

キッチンにあるものをチェックしてみてください。

とくにお米は、備蓄品の筆頭です。

でも、これも、こんなふうに、災害が心配で買ったものを、

そのまま玄関に置いておいたら、避難経路をふさぐ

障害物になってしまいます。

高齢者は重たくで置きっぱなしにしている可能性もあります。

玄関や廊下に置きっぱなしの食品があったら、

賞味期限を確認して、移動させてくださいね。

防災用品の代表といえば、乾パンやら懐中電灯が入った、

防災リュックセットです。

3.11が起きたあと、防災意識が高まり、防災リュックを

用意したかたも多いと思います。

リュックに物が入りっぱなしになっていたら、

見直しをしてくださいね。

いざという時、重いリュックは、高齢者にはしょって逃げることは

できない可能性が高いので、重さも確認しておくといいでしょう。

これを機会に、身の周りの防災グッズのことや防災について

家族や親と話し合い見直すことをおすすめします。

 

◆オンライン片づけ上手基礎講座

オンライン片づけ上手基礎講座

掃除・片づけ・収納の違いなど基本のキから学べます

片づけが苦手で何をやっても上手くいかなかった人向けです

 

◆オンライン大人片づけ入門講座

オンライン大人片づけ入門講座

テレビ・雑誌・新聞に取り上げられた話題性の高い講座です

人に優しく、易しい!“命”を守る年代別の大人片づけメソッド

を使った簡単な片づけ法が学べます

一緒に楽しく対話をしながら、片づけ上手をめざしましょう

 

片づけ上手塾エグゼカレッジ表参道校HP

HOME

 

【プロに頼む片づけサービス】

自分では片づけムリと思ったら、プロと一緒に

片づけしましょう

片づけサービス


 

関連記事

【お知らせ】ジョイント煌(きらめき)フェスタ開催
 待ち遠しい春を先取りして、おしゃれなサロネーゼとおしゃれ大人片づけのジョイント講座を開催します 日時2月24日(金)・25日(土)・26日(日)の3日間11:00~16:00会場 代々木上原「きんのきりん」詳細はチラシをご覧ください         ……
家事意識カイカク!男女平等に片づけチャレンジ|R4東京ウィメンズプラザフォーラム参加
3年ぶり5回目の参加となった、東京ウィメンズプラザフォーラムが無事終了しました。 久しぶりにお会いする会員さんや新たにご参加くださった皆さま。 それに、お手伝いしてくださったスッタフの皆さまに心より感謝いたします。 東京ウィメンズプラザフォーラム 片づけ上手塾 アンケートのお声を代表でご紹介します 「家事意識カイカク!……
【謹賀新年】実りある一年に!
おけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。 皆様が実りある一年となりますように。 「したい」ことは「できる」こと。 「なりたい自分」は一年後の自分の姿。 なりたい自分は人の数だけあります。 自分のなりたい姿が見えて、行動をしようと思ったら、悩んでいる時間はありませんね。 どんどんアクションを起こしましょう!……
「やせたら着よう」と思う服・2つの片づけ法とは?
大人片づけインストラクターの高橋和子です。 毎回、セミナーで必ずでてくるのが、 「服を捨てられない」というお悩みです。 そのなかでも、ひっかかりやすいワナは、 「やせたら着よう」と思って、ついとっておくことです。 これね~、、、私も身につまされますよ(笑)           &……