命を守る防災片づけ|実家の片づけ

最近は天候不順で、自然災害のニュースに心が痛みます。

北九州の豪雨の爪痕も癒えぬまま、心配事が続きます。

被害にあわれている方々の一日も早い復旧をお祈りします。

 

災害の準備はしておいたら安心につながります。

でも、なにをどう選んでいけばいいのか?というご質問もよくいただきます。

もし今、避難警報が発令されたらあなたは、サッと持ち出す物を持って自宅を飛び出せますか?

こんな質問に即答できる人って意外と少ないのです。

 

準備の難しさは、人によって違っています。と言うのは、

住む場所によっても準備する物が違ってきます。

どんな物を準備するかはその地域の行政で発行しているパンフレットなどを

参考にするとよいでしょう。

津波の多い地域、土砂崩れの危険がある地域、マンションの多い地域など、

それぞれの地域災害の想定される被害に即した対策が、出ているからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのうえで、「準備はひとりずつ違う」というところを検討しましょう

高齢者だけでなく、常備薬を持ち出せるようにしておきます。

食べ物は支援物資があっても、その方にあったお薬は、すぐに届かないことが考えられます。

 

持病がある方は特に、お薬手帳のコピーなども準備しておきましょう。

高齢者は、お薬の名前が難しくて記録できない場合があります。

子どもなどがお手伝いして、持ち出し袋に記録した用紙を入れておくと命を守ることに繋がります。

その他、めがねや入れ歯、靴、寒さをしのぐ衣料を枕元に用意しておくとか、

小さなお子さんがいる場合も持ち出すものは違ってきます。

赤ちゃんや幼児のケア用品やミルク・おむつの確認も大切です。

 

ほんとうにいざという時に、パッと持ち出すものと、家の中の備蓄品をわけておくことから始めます。

でも、パッと逃げられなければ、意味がありません。

これを機会にお部屋の中を見回して、上から物が落ちてこないか、

廊下に物が置きっぱなしになっていないか、確認してみるのもいいですね。

ご実家が気になる方は、親御さんと連絡をとって、

床や廊下にいざ逃げようと思うときにじゃまになる物がないか、話題にしてみてください。

 

これから、夏休みに入り帰省する機会があるので、

その時に、実家の防災チェックしてあげてください。

親の命を守ることを第一に考えた話なら、片づけがスムーズに進む可能性が高いです。

物で溢れかえった納戸に重くて持てない防災リュックがあっても、

いざという時取りだせなかったら、本当に意味がありません。

ついでに中身も確認して、置き場所を家族間で確認しておくといいでしょう。

 

注意したいのは、物を買う防災よりも、命を守るという基準を持つことで、

優先順位はコレが第一位です。

まずは身の周りチェック、家族の命を守ることを考えていきましょう。

足元の小さなチェックからコツコツとやっていくことが、

大きな災害から大切な命を守ることに繋がると思うのです。

片づけ上手塾の代表理事 高橋和子

◆松山初!~片づけ上手で心地よい暮らし~「脳ササイズ片づけ」セミナー

日時   7月30日(日)14:00~15:30 13:45受付開始

会場   ひめぎんホール別館 第20会議室 松山市道後町2-9-14

アクセス  JR松山駅・松山市駅より バスにて15-20分

受講料  3500円

 お申し込み・お問合せはコチラ

https://www.exepromo.jp/contact/application/

 

 

◆講座日程

「脳ササイズ片づけ」「年代別 大人片づけ」の基本が分かる

片づけ上手になりたい方・片づけの資格が欲しい方。

https://www.exepromo.jp/info/2016/03/683.html

 

◆整理収納・片づけサービスのご依頼をお受けしています↓

https://www.exepromo.jp/service_cleanup/

 

 

関連記事

週刊女性自身(5/31発売)に掲載されました。
発売中の週刊女性自身に掲載されました。衣替えシーズンに頭を悩ますのが収納。増え続ける洋服や小物を限られたスペースに収納するにはテクニックが必要です。         今回は、\これであなたも/たた美マスター!のタイトルで、収納力が格段にアップする、たたみ方の基本ハウツー……
片づけ高望みタイプの悲劇
インテリア雑誌大好き。収納本もたくさん持っていて理想のイメージもできているのに、何故か、理想のお部屋にならない。こんなあなたは「片づけ高望みタイプ」。 1:インテリア本のようにしようと収納をマネしても続かない2:理想のクローゼットを追い求めては、途中で挫折する3:気に入った収納BOXやグッズを即買いして、サイズ違いで使えない。どうですか、こんな悲劇の経験があ……
実家の片づけ「空き家の解体、改築に減税・国交省、費用の1割程度検討」共同・新聞記事より
  「8月21日「空き家の解体、改築に減税を 国交省、費用の1割程度検討」 という新聞報道がありました。 ・朝日新聞デジタル・東京新聞 ほか(共同)  (8月22日) 記事によると、空き家を撤去したり、居住や賃貸用にリフォームしたりした場合に減税する制度の創設を盛り込む方針を固めたとのことです。 親から相続した家屋などについては、解体や……
【掲載】脳活道場6月号
只今、発売中の「脳活道場」巻頭大特集の中で、 タイトル「記憶力・創造力がぐんぐんアップし、物忘れしなくなる! 認知症を防ぐ家事のコツ!脳が冴える冷蔵庫の片づけ方って?」で、 冷蔵庫整理術を解説しています。   これからの季節、気温の上昇と共に菌の繁殖が心配なのが冷蔵庫です。 冷蔵庫の片づけで、脳の認知機能をUPできる、一石二鳥の片づけ術……