Q&A|夫が片づけられません。片づけられるようになるには?

【片づけ上手Q&A】夫が片づけられません。片づけられるようになるにはどうしたらいいでしょうか?

夫が片づけられません。夫にかたづけもらうにはどうしたらいいのでしょうか。
服は脱いだら脱ぎっぱなし、ペンは使ったら放り投げておくし、爪切りも使いっぱなしです。
私も片づけは苦手ですが、やらざるを得ません。一人で片づけをしなくてはならず、
毎日ストレスになっています。

【A】片づけてもらう努力よりも、片づけなくても済む収納の仕組み作りを。

結構悩んでいらっしゃる方が多いです。
片づけの仕方が分からないという事もありますが、もしかしたら、仕事で頭がいっぱいで家の事が入る余裕がないのかもしれません。また、これまでやってもらっているので、それでいいと思っているのかもしれませんね。

いずれにしても、片づけに限らず「他人は変えられない」のです。
夫を変えるのではなく、あなたがストレスを感じない収納の仕組み作りをして行く方が、

解決が早いと思います。
 
解決策
1:使う場所のそばに、物をしまう収納を作る
これは、収納の鉄則です。
夫は会社から帰って来て、服を脱ぐとき、どこに脱ぎ散らかしますか?リビングならリビングに、洗濯カゴのような収納をおきましょう。そして、そこに入れてもらうのです。
次に、爪切りやペンはどこに収納していますか?
すぐ手の届くテーブルの上などで、カゴ収納で管理しましょう。
 
2:会社の書類や本
リビングに置きっぱなしで困ると言うご質問を受ける事がよくあります。
リビングに夫の私物入れカゴを置いて、寝る前にそこにしまってもらいましょう。
 
3:片づけ家族サミット開催
夫とお子様がいればお子様も一緒に、片づけサミットを開きましょう。
夫には、上記のカゴを置くのでと、協力をお願いしましょう。頼まれるとイヤと言えないと思います。子どもにも一緒に片づけの協力してもらい、家族のコミュニケーションに片づけサミットを使っちゃいましょう。
 
以上3点は、実は習慣の問題です。これが習慣付けられれば、もっと収納のレベルアップが計れます。まずは、出したらしまうの習慣付けから始めてみてくださいね。
簡単な片づけならできると言う達成感を夫にも感じてもらいましょう。
あなたのストレスが解消される第一歩になると思います。

 
 
 
 
 

 

 

■TV・新聞・雑誌で紹介された講座日程はコチラ↓

☆必ず一箇所片づく「インストラクター共通中級講座」

☆脳トレ!「脳ササイズ片づけトレーニング入門講座」

☆片づけ上手になる!「大人片づけ入門講座」

https://www.exepromo.jp/info/2016/03/683.html

 

■片づけ上手になる方法をマイベストプロで執筆中!

http://mbp-tokyo.com/felicia-lab/column/?jid=2267

 

■新聞・雑誌で紹介された著書です

著書「ボケない片づけ 一生自分で片づけられる5つのステップ」

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

関連記事

知恵袋JIJICO掲載「ミニマリスト生活のための整理収納テクニック」
知恵袋JIJICOに、掲載されました。詳細はこちら↓「整理収納をしっかりして、ミニマリスト生活してみませんか?」↓今、注目のミニマリストをご存じですか?物を最小限にしぼって生活することに、憧れる人はたくさんいます。最小限にしぼることは、自分にとって、必要な物を選ぶと言う事。選ぶ目を持つことと、選ぶ基準を持つことが必須となります。その上で、整理収納のテクニック……
【コラム】健康寿命は、実家・親の家大人片づけにも影響あり?ロコモティブシンドローム
最近、平均寿命の他に、健康寿命と言う言葉をよく耳にします。健康寿命とは、健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間のこと。(厚生労働省健康日本21)誰の介助も受けずに、自立した生活ができる期間ということです。 男性の平均寿命が79.55歳に対して健康寿命は、70.42歳と約9年差があり、女性は、もっと長くて、12年の差があります。男性……
初開講!心がきらめくアンチエイジング講座
代表理事の高橋和子です。 この度、新講座を開講します。 今話題のアンチエイジングを外面的な美だけに捕らわれず、 内面からの輝きにフューチャーしたライフスタイルの美しさと捉え、 自分軸で「モノ・コト・ヒト・生き方」を選び取れるよう、 各分野で活躍するプロがお伝えする、なんとも贅沢なコラボ講座です。      ……
デスク周りの「1分間」リバウンド・チェック
自分の価値観を大切にすることは、相手も周りも大切にすること。 価値観の質を高めることは、自分を磨くことにつながります。 持ち物の数も厳選して質を高めるということは、家の中の片づけだけでなく オフィスも、仕事も、人間関係も、すべてに通じることだと思います。 [caption id="attachment_5959" align="alignle……