Q&A|夫が片づけられません。片づけられるようになるには?

【片づけ上手Q&A】夫が片づけられません。片づけられるようになるにはどうしたらいいでしょうか?

夫が片づけられません。夫にかたづけもらうにはどうしたらいいのでしょうか。
服は脱いだら脱ぎっぱなし、ペンは使ったら放り投げておくし、爪切りも使いっぱなしです。
私も片づけは苦手ですが、やらざるを得ません。一人で片づけをしなくてはならず、
毎日ストレスになっています。

【A】片づけてもらう努力よりも、片づけなくても済む収納の仕組み作りを。

結構悩んでいらっしゃる方が多いです。
片づけの仕方が分からないという事もありますが、もしかしたら、仕事で頭がいっぱいで家の事が入る余裕がないのかもしれません。また、これまでやってもらっているので、それでいいと思っているのかもしれませんね。

いずれにしても、片づけに限らず「他人は変えられない」のです。
夫を変えるのではなく、あなたがストレスを感じない収納の仕組み作りをして行く方が、

解決が早いと思います。
 
解決策
1:使う場所のそばに、物をしまう収納を作る
これは、収納の鉄則です。
夫は会社から帰って来て、服を脱ぐとき、どこに脱ぎ散らかしますか?リビングならリビングに、洗濯カゴのような収納をおきましょう。そして、そこに入れてもらうのです。
次に、爪切りやペンはどこに収納していますか?
すぐ手の届くテーブルの上などで、カゴ収納で管理しましょう。
 
2:会社の書類や本
リビングに置きっぱなしで困ると言うご質問を受ける事がよくあります。
リビングに夫の私物入れカゴを置いて、寝る前にそこにしまってもらいましょう。
 
3:片づけ家族サミット開催
夫とお子様がいればお子様も一緒に、片づけサミットを開きましょう。
夫には、上記のカゴを置くのでと、協力をお願いしましょう。頼まれるとイヤと言えないと思います。子どもにも一緒に片づけの協力してもらい、家族のコミュニケーションに片づけサミットを使っちゃいましょう。
 
以上3点は、実は習慣の問題です。これが習慣付けられれば、もっと収納のレベルアップが計れます。まずは、出したらしまうの習慣付けから始めてみてくださいね。
簡単な片づけならできると言う達成感を夫にも感じてもらいましょう。
あなたのストレスが解消される第一歩になると思います。

 
 
 
 
 

 

 

■TV・新聞・雑誌で紹介された講座日程はコチラ↓

☆必ず一箇所片づく「インストラクター共通中級講座」

☆脳トレ!「脳ササイズ片づけトレーニング入門講座」

☆片づけ上手になる!「大人片づけ入門講座」

https://www.exepromo.jp/info/2016/03/683.html

 

■片づけ上手になる方法をマイベストプロで執筆中!

http://mbp-tokyo.com/felicia-lab/column/?jid=2267

 

■新聞・雑誌で紹介された著書です

著書「ボケない片づけ 一生自分で片づけられる5つのステップ」

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

関連記事

TBSテレビ「直撃!コロシアム!スバッとTV!」に出演
先日、辛坊治郎さんと南海キャンデーズ山里亮太さんMCのTBSテレビ「直撃!コロシアム!」に出演しました。といっても片づけできない人25名×潔癖症25名の1/50の出演~友達から「どこにいるの?」「上段の真ん中?」と言った、「和子を探せ」状態に…笑 内容は、片づけ出来ない人たちの衝撃映像がたくさんありましたよ。どこに何があるのか分からない生活は、暮ら……
【事例】男性の洋服片づけ・整理収納サービス
都内のセレブマンションにお住まいのY様。 整理収納が苦手ということでご依頼を頂き、 今回が2回目のリピーターさまです。   洋服をたくさん持っていて、どれを処分して 良いか、ご自分では判断しかねるご様子。 一緒に1枚、1枚「要る・要らない」を 決めました。   面倒くさいようでもこの作業をすると、 サイズが合わない服などを手放すことが ……
【トークショー出演】高橋和子が語る「新しい働き方」への道
高橋和子が語る「新しい働き方」への道 ~ 専業主婦歴25年から、「片づけ講座」で独立起業、出版へ~トークショー出演 ・人生100年時代と言われる現代、これからはひとつのキャリアだけで過ごすには、あまりにも定年後の人生が長くなっています。そこで、セカンド・キャリアやサード・キャリアをいかにして見つけ、自分が好きなことを 生かして仕事にしていくかが……
【実家の片づけ】母娘のモメる本当のワケ
どんなに仲の良い親子でも、「実家の片づけ」を言葉にしたとたんに激しい言い合いになることも…とくに母娘のケンカのもとにはワケがあります。 そのベスト1はというと…、「親子なのでつい気がねなく本音を言ってしまう事」なのです。親子だとつい、わかり合えるという前提で話をしてしまいがち。でも、文化も価値観も生きた時代も、違うのです!それこそ、親の住んでいる星……