【片づけ上手QA】もったいなくて捨てられない!捨てずに片づける方法は?

 

【片づけ上手QA】のシリーズでは、

セミナーやSNSでよくいただく質問に、お答えします。

片づけのご参考にどうぞ。

Q 捨てずに片づける方法はありますか?

片づけができなくて困っています。
お部屋はいつも散らかっていて、家族からは全部ごみだといわれます。
でも、もったいないし、もう手に入らないかもしれないと思うと、捨てられません。
プレッシャーで押しつぶされそうです。
捨てずに片づける方法はありますか?

A 捨てなくても片づける方法はありますよ
「捨てなくちゃ」というプレッシャーを捨てましょう

家族に片づけなさいといわれて、たいへんですね。
片づけるというのは、物を選んで整理するという行動です。
「片づけること」と、「捨てること」を、分けて考えてみましょう。
捨てるのは片づけのプロセスの一部でしかありません。

まず、「捨てなくちゃ」というプレッシャーを捨てましょう。
そのほかの、捨てられない物は、捨てなくてもかまいません。

でも、明らかに汚れたり壊れている物は、不要なごみに仕分けしましょう。

「捨てられない人」にっとては、不要なごみに仕分けできることが、

実は、片づけの第一歩を踏み出したことなんですよ。

そして、大事な物は、家族を含め誰でもが分かるようにしまっていきます。
もし、床やテーブルに置きっぱなしにしている物があるなら、

それは、あなたにとってしまう場所が合わないのかも。
もう一度、収納場所を考えてみるといいですね。

もったいなくて捨てられない物は、一度ごみ袋や箱に詰めて、

一時保管すると考えてみてください。

多くの人は、見えない物の存在は、気が離れて忘れてしまいます。

早い人は、ごみ袋にいれた瞬間にも!

たいていの人は半年もたてば、

物から心が離れて、スムーズに手放すことができますよ。

それまで別の場所に移動させて、収めておくことをおススメします。

「保管」していると思えば、プレッシャーを感じなくなります

 

大事な物と分けて、移動・保管し、自分で納得して片づけていくのが、

遠回りのようで最速で片づくコツです。

 

捨てると片づくのははやいのですが、無理に捨てても、

心がスッキリしていないので、すぐにリバウンドします。

片づけを続けていけば、自分にとって何が大事なのかわかってきます。

最初は時間がかかっても、だんだん判断する時間は短くなっていきますから

心配せずに、トライしてみてくださいね。

 

代表理事 高橋和子

 

 

大人片づけ入門講座 

婦人公論やテレビでも紹介。実家も自宅もラクラク! 大人片づけの体験版 

https://www.exepromo.jp/info/2016/03/683.html

 

読売新聞で紹介された「大人片づけインストラクター共通中級講座」

片づけのコツ満載!一ヶ所必ず片づけられるようになる講座です

https://www.exepromo.jp/promo_course/second_class/

 

関連記事

一生自宅で暮らしたい…高齢社会白書
内閣府の高齢社会白書で、高齢者が「治る見込みがない病気になった場合、どこで最期を迎えたいか」についてみると、「自宅」 が 54.6%で最も多く、次いで「病院などの医療 施設」が 27.7%となっているます  内閣府 高齢社会白書 平成27年版最期まで自宅で暮らしたいとの強い思いを感じます。 そのためにも、介護や療養への備えが必要となります。高齢になっても自宅……
【TV】NHK「あさイチ」\大人片づけ/の講座風景が!
大人片づけインストラクターの高橋和子です。 NHK総合「あさイチ」に大人片づけ講座が紹介され、出演しました。 番組放送中に、視聴者からのメール・FAXで寄せられた声は、 2000通を上回る大反響。 親の家片づけの悩みの深刻さを痛感しました。 「片づけて!」と気軽に言えないもどかしさもありますよね。 どう切り出したらよいのか分からないの……
【雑誌掲載】『通販生活』「どうしたらいい?実家の片づけ」カタログハウス秋
おかげさまで、雑誌『通販生活』2015年秋冬号「どうしたらいい?実家の片づけ」という特集が、掲載されました(カタログハウス)。 「シリーズ介護を考える」という誌面です。 遺品整理や、義理母様との片づけを実践された方の話は、身に迫る思いです。 老年心理学で有名な、大阪大学大学院の佐藤眞一先生の記事は、よみごたえがあり、説得力があります。 私は、……
【コラム】防災片づけ|消費と食品備蓄「ローリングストック法」|大人・実家・キッチンの整理
防災片づけ 暮らし生活研究家の高橋和子です。 3・11「東日本大震災」から、もうすぐ10年目を迎えます。 先日は震度6強の余震が、、、!! 長く大きな揺れに10年前を思い出しました。 防災の見直しの機会として、 再び防災グッズなどのチェックをしましょう。 今回はストック食品の見直しをお話します。 自宅や実家の片づけで気になるのは、防災用保存食料品の賞味期限……