梅雨どきの片づけ上手がする見直しは、ズバリ洗濯グッズ!

梅雨の長雨ですね。なかなか洗濯物が乾きません。

乾燥機がないお宅では、長時間、室内やべランダに干している事が多いでしょう。

こんな日は、ただ乾かないとため息ばかりでは、しかたありません。

洗濯ばさみや余計なハンガー、ピッチハンガーなど、

洗濯グッズの見直しがおススメ。

今、干してある洗濯物の量をマックスと考えると、

あまったハンガーや洗濯ばさみは、使わないものとも言えます。 

この際、処分するのもいいかも。

洗濯ばさみもプラスティック製で、外に出しっぱなしにしておくと、

劣化して割れたり、使いにくく成ったりしていることもあります。

干しにくかったり、使いにくいピッチハンガーや物干しも、

処分や買い替えを検討するのもイイですね。

洗濯グッズの見直しができたら、ワンステップ上の片づけとして、

洗剤の見直しもおススメです。

夏は汗をかくため、洗濯の頻度が上がります、洗濯できる衣服は

まめに洗うので、おしゃれ着洗い洗剤なども出番が多くなりますね。

使用頻度を考えて、使わない洗剤は奥にしまい、 

よく使う洗剤を手前の見えるところに置くなど、

収納場所のチェックもしましょう。

 

洗剤の置き場所一つで、洗濯ストレスも軽減されますよ。

 

実は片づけが苦手な人は、買ったのに使っていない洗濯ばさみや、

開けていない同じような洗剤をたくさん持っています。

洗濯グッズも、洗剤も、ストックを見える化すれば、 

必要以上に持たないことで収納スペースを広くすることができます。

 

こんな小さなことが、片づけ上手になるステップなんです。

長雨で外出しない日にちょこっとお片づけしてみてください。

代表理事 高橋和子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇大人片づけ入門講座 

婦人公論でも紹介。実家も自宅もラクラク! 大人片づけの体験版 

https://www.exepromo.jp/info/2016/03/683.html

◇読売新聞で紹介された「大人片づけインストラクター共通中級講座」

1箇所必ず片づけられる講座です

https://www.exepromo.jp/promo_course/second_class/

 

関連記事

【雑誌掲載】大人のおしゃれ手帖9月号
片づけ上手塾の高橋和子です   発売中の雑誌「大人のおしゃれ手帖9月号」(宝島社)に掲載されました ~そろそろ親の家の片づけ~親の持ち物、一緒に見直しのススメ と言うことで、 15年間、まったく片づけたことがない親世代のお宅に伺って、 実際にお片づけをしました。手つかずの物が山積みの部屋でした。   親世代は、物がいっぱい……
地震や火災に備える!防災視点の片づけ【meet掲載】
防災の日に、住まいの防災チェックはされましたか? 備品のチェックや備蓄品の見直しなどの 点検がいざという時に役立ちます。 そこで、防災視点からの片づけ法を 街や暮らしの基本情報を発信する「meet」にて 紹介しました。 防災点検のご参考にしてください。 ■地震や火事に備えよう!防災につながる片付けの基本 https……
【雑誌取材】実際に親の家片づけをしました
大人片づけインストラクター総勢4名で 雑誌の取材に行ってきました 片づけたのは15年来「片づけていない」親の家 片づけをほとんど考えたことがないお宅でした   お父さん70代、お母さん60代後半が住む かなり広めの戸建て住宅 子ども達は独立しているのに各部屋には荷物が溢れていて 典型的な親の家実家の状態です   &……
どっちがやっかい?実家の片づけと遺品整理
皆さんに問題です。「実家の片づけ」は、ほとんどの人が経験することになりますが、同じように「遺品整理」も経験する可能性が高いです。 親が元気で生きているうちに、喧々諤々の言い合いをしながらする片づけと、亡くなってから自由に文句も言われないでする片づけ。果たして、どちらがやっかいなのでしょうか。 答えは、親が亡くなってからする片づけ、つまり遺……