テキパキ片づけられません。 いつも途中でイヤになります。

【読者様の質問】テキパキ片づけられません。
いつも途中でイヤになります。

片付けをしていて、思い出の物、忘れていた物、懐かしいものが出てくると、

つい見てしまうのは、片付けられない人の特徴なのでしょうか?
最後はいつも家族に怒られます。

やはり片づけは、才能とか生まれ持ったものでしょうか。

片付けが長続きせず、途中でイヤになり、放り出してしまいます。
私には無理なのでしょうか?

【A】 思い出の物が出てきて手が止まるのは、当たり前です。

思い出の物、忘れていた物、懐かしいものが出てきて手が止まるのは当然です。
物には、その人の思いやストーリがあります。

片づけができないから手がとまるのではなく、物のストーリーに                 思いをめぐらすことによって、手が止まるのです。
当たり前のことです。

人間らしい気持ち、懐かしいと思った気持ちは、大事にしてくださいね。

片づけは、才能とか生まれ持ったものというよりは、生活習慣です。
あとはやる気になれば、だいたいのことはできるようになります。
そして、簡単なスキル、要領がわかればいいのです。
決して、自分には無理だと、ご自分を否定したり、                       あきらめたりしないでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのうえで、テキパキ片付けるコツは、                           「片付ける物だけ」を優先して片づけていくという、コツを覚えておくと、はやく片づきます。

思い出系の物、とくに写真や思い入れの強い趣味の物など、                   その場で判断できないものがでてきたら、まとめておいて後回しにします。
時間がある時に、きれいになったお部屋で、ゆっくり見て判断してください。

片づけの途中で写真などの思い出系にゆっくり見入ると、                    片づけが途中で時間切れとなり、イヤになってしまいます。
散らかったままで、おしまいということもあり得ます。
ひどい時には、片づける前よりも、もっと散らかってしまうと言う、負のサイクルに陥ることも!

必要な物を判断できるスキルを身に付けましょう。
思い出系以外の物でも、判断に3秒以上まよったら一時保管にして、別の場所に移動することをおすすめしています。

片づけの苦手な人は、30分位の片づけ時間で、少しずつ片づける事をおススメします。

そして、完璧を目指さないと言うことも大切です。片づけができた時は、ぜひ、ご自分にごほうびをあげてくださいね。

代表理事 高橋和子

◆新講座 サスティナブルな暮らし上手のワークショップ◆

2月19日(水)13:00-14:30 中野教室

片づけお悩み相談会 @500円(お茶代)

片づけで悩んでいる場所やコトを解決しましょう

https://www.exepromo.jp/contact/application/

イベント講座でお申込みください↑

 

■TVや雑誌で紹介されました!【大人片づけ講座日程】

https://www.exepromo.jp/info/2016/03/683.html

 

■朝日新聞協力 マイベストプロでコラム執筆中!【片づけ上手になる方法】

http://mbp-tokyo.com/felicia-lab/column/?jid=2267

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

満席御礼!令和元年度東京ウイメンズフォーラム
令和初の東京ウイメンズフォーラムで、 心がきらめくアンチエイジング講座を満席にて終了することができました。 何とも贅沢な内容で、 ⭐️コピーライターによる自己PRのコツ ⭐️フリーアナウンサーによる話し方 ⭐️骨格診断士の似合うファッション ⭐&#x……
命を守る防災片づけ|実家の片づけ
最近は天候不順で、自然災害のニュースに心が痛みます。 北九州の豪雨の爪痕も癒えぬまま、心配事が続きます。 被害にあわれている方々の一日も早い復旧をお祈りします。   災害の準備はしておいたら安心につながります。 でも、なにをどう選んでいけばいいのか?というご質問もよくいただきます。 もし今、避難警報が発令されたらあなたは、サッと持ち出す……
年末年始に女性がハマる落とし穴|実家・親の家「大人片づけ」
いよいよ年末。片づけ・整理収納・大掃除シーズン到来ですね! 昔、女性たちは、年末を動きに動き、正月も親戚や年始客の接待で休めないことから 年賀行事が一段落した小正月(1月15日)の時期に一息ついたのです。 ですから、年末年始、女性は大忙しということなのです。 現代の女性は、会社でそれなりのポストについていたり、子育てをしたり、介護をしたり、……
一生自宅で暮らしたい…高齢社会白書
内閣府の高齢社会白書で、高齢者が「治る見込みがない病気になった場合、どこで最期を迎えたいか」についてみると、「自宅」 が 54.6%で最も多く、次いで「病院などの医療 施設」が 27.7%となっているます  内閣府 高齢社会白書 平成27年版最期まで自宅で暮らしたいとの強い思いを感じます。 そのためにも、介護や療養への備えが必要となります。高齢になっても自宅……