【オンライン講座】ウィズコロナ 新生活スタイルの片づけ

ウィズコロナの日常は、前の生活とは違い、人と接する事ができない分、

自分と向き合う時間が増えたのではないでしょうか。

家族と向き合い、暮らしと向き合う中で、

ウィズコロナの日常は、これまでの意識を変えました。

おひとりさまのA子さんの場合は、今までの暮らしを見直して、

好きなものに囲まれて、心地よく暮らしたいと思ったそうです。

リモートワークで、目に付いた部屋の片づけを始めました。

また、一人暮らしなので、余分な食材や生活用品を

ストックしていませんでしたが、

自粛生活の中で、備蓄の観念が芽生えたそうです。

4人家族のB子さんは、2人の小学生のお子さんとリモートワークのご主人と、

3ヶ月間の自粛生活を経験して、ストレスMAXに

家族が、学校や仕事に行くようになった今、

何故、家族と一緒にいることが、ストレスになったのか?

原因は色々ありますが、自分の時間や居場所がなかったことが上げられます。

B子さんは、自分の居場所作りを始めたいと思っています。

◆新オンライン講座始めました                                                                           

オンライン】ウィズコロナ 新生活スタイルの片づけ講座

ウィズコロナで意識変革をした、心地よい部屋づくりのための片づけです。

備蓄品リストなどを含めてお話します

開催日時

随時受付中 日程はメールにて調整いたします

受講料 3000円(事前にお振込をお願いしています)

他のオンライン講座紹介

◆オンライン片づけ上手基礎講座

掃除・片づけ・収納の違いなど基本のキから学べますので、片づけが苦手で何をやっても上手くいかなかった人向けの講座です。

◆オンライン大人片づけ入門講座

テレビ・雑誌・新聞に取り上げられた話題性の高い講座です。人に優しく、易しい!“命”を守る年代別の大人片づけメソッドを使った簡単な片づけ法が学べます。

一緒に楽しく対話をしながら、片づけ上手をめざしましょう。

【プロに頼む片づけサービス】

自分では片づけムリと思ったら、プロと一緒に片づけしましょう。

関連記事

【掲載】ゴミ屋敷になってしまう人の心理
横浜市のゴミ屋敷がメディアに報道されどんな人がゴミ屋敷になってしまうのか?とのご質問から、協会の藤井暁子理事と取材を受けました。 横浜市のキニナルことを取り上げている「はまれぽ.COM」様に、取材記事が掲載されました。記事でもお話していますが、片づけが苦手な人とゴミ屋敷になってしまう人とは共通項はありますが、決定的な違いは、ホーダーと言う、ものを大……
生物学的?!片づけられない理由
代表理事の高橋和子です。 この夏、読書好きの友人から、 生物学者の福岡伸一著『遺伝子はダメなあなたを愛してる』(朝日新聞出版)を借りました。 福岡先生のベストセラー『生物と無生物のあいだ』の話をしていたら、コチラもとススメられました。 中に、とっても興味深い文章が。 女性からの質問で「モノを捨てるのが苦手です。片づけられない女はダメですか?」に……
【QA】「片づけ」は、どのくらいの頻度で?
片づけ上手塾代表理事の高橋和子です。 【QA】「片づけ」は、どのくらいの頻度で? 「片づけ」は、どのくらいの頻度でしたらいいのでしょうか? クローゼットも、タンスも、キッチンも、知らない間に散らかります。 平日は仕事があり忙しくて、時間をとれません。 「片づけ」と「掃除」って、やることは一緒ですか? 【A】片づけは、基本的には毎日……
思考しながら志向する「未来形」の大人片づけ
思い出は、その人が過ごした年月分、積み重なって、心を豊かにします。 昔の思い出に浸って、リフレッシュ!という方もいらっしゃいます。 その一方で、整理されないモノは、お部屋に積まれたままで、 生活の場をふさいでしまうこともあります。 これから何をしたいのか、 何を大切にしたいのか、 大事なモノや大事なコトを、選び取るスキルが「大人片づけ」……