片づけ上手塾 – 片付け上手になりたい、プロ、講師を目指すならエグゼカレッジ表参道校

片づけ上手塾 – 片付け上手になりたい、プロ、講師を目指すならエグゼカレッジ表参道校

【コラム】\大人片づけ/どうする?あふれるクローゼットの服・できる収納対策って?

年代別の\大人片づけ/プロモーター渡部亜矢です。
先日のコラム狭いクローゼットが広くなる?!服の収納「新基準」
に、たくさんのアクセスをありがとうございました。
服の収納は、どの年代も悩みどころですね。

流行への敏感度と年齢の関係は?

服の収納は、どの年代の方にも多い悩みです。
若い方のほうが、周りの流行を気にする方が比較的多いので、
服をいっぱい持っているのでは? というイメージがあるかもしれません。

では、年齢を重ねている方が、流行を気にしていないかというと、そんなことはありません!!
おしゃれな方は、たくさんいらっしゃいます。

服の所有数は、「流行への敏感度」ではない、ということを、片づけの現場で感じています。
クローゼット渡部亜矢

どうする?クローゼットの服

いつも流行の服、トレンドにのった服を着ているにもかかわらず、
クローゼットに古い服があふれている、という方は、結構いらっしゃいます。

もしかしたら、「着られる服」と、「着る服」の違いが「あいまい」だからかもしれません。
ぜひ、チェックしていてください。

「着られる服」といっても、ボタンを付け直したり、ほつれを直したり、
サイズのお直しに出さなければいけないのなら、クローゼットの外に出すことも
考えると、いいですね。
きっと、クローゼットは、今よりずっと広くなります。

「着られる服」は、何年とってあったか、まず考えてみましょう。
5年以上着ていなかったら、これからの5年間に、何回着るか、イメージしてみましょう。
イメージできなかったら、手放す決心がつくかもしれませんね。
あるいは、捨てずに、納戸の奥にしまって、半年後に見直す、という方法もあります。

ここ2週間に、「着た服」は、これからも「着る服」かもしれません。
先日のコラムのように、新しい基準としてとらえてみると、楽に片づきます。

「着られる服」と「着る服」の相関関係

クローゼットの中には、「着られる服」がたくさんあります。
その中の一部が、「着る服」になります。

図で表すと、下のようになります。
買う服よりも処分する服のほうが少なければ、着られる服のパイがどんどん大きくなります。
渡部亜矢クローゼット図
服はすぐには傷みませんので、一般論ですが、年齢を重ねるにつれて、
よっぽど意識して処分しない限り、「着られる服」が増えていきます。

1年は365日ですから、着る服は限られています。
着る服を、算数で考える方法は、こちらのコラムをご覧ください↓
たったこれだけ?毎日のコーディネートを算数で考える

おしゃれは、快適なクローゼットから、はじめたいもの。
年齢を素敵に重ねるためにも、
ぜひ、クローゼットの「着る服」「着られる服」をチェックしてみてくださいね。

多くの方が、\大人片づけ上手/になりますように。 渡部亜矢

人気コラムはこちら↓↓↓
【\大人片づけ/目次】
【\家庭の書類整理/目次】
【\片づけ上手 エリア別/目次】
【\片づけ上手コツ/目次】
【\人気セミナー講師塾/目次】

【お知らせ】大人片づけとは?

「大人片づけ」は、自分も周りも幸せになる!“命”を守る年代別片づけです。
老年前・生前整理のほか、実家を片づけたい40~60代向けのスキル満載です。
大人片づけの詳しい内容は、こちら↓↓↓

◆人気セミナー講師塾
【エグゼカレッジ表参道校・プロ講師募集】無料consultation 開催
詳細はこちらをクリック↓↓
http://www.execollege.jp/